「体育の日」が「スポーツの日」に変わるのではないかというニュースが入ってきました。

体育の日といえばスポーツの秋にふさわしく、学校の運動会や地域の運動会がそのころに行われることも多いですよね。

なぜ、慣れ親しんだ名前をあえて変えることになるのか。そう思った人も多いはずなので、調査してみました。

Sponsored Link

体育の日がスポーツの日に名称変更?その理由は東京オンピックが原因か?

スポーツの日への名称変更案ンが今年の秋の臨時国会に提出されるそうです。

その理由が2020年に開催される東京オリンピックにあるみたい。

体育という言葉よりもスポーツという言葉のほうが普段使う機会が多いからでしょうね。

東京オリンピックをきっかけにより身近に感じられる名称変更をというところでしょうか。

2015年にはスポーツ庁が創設されましたね。体育庁ではありませんでした。そりゃそうか(笑)

しかし、他にも国民体育大会が国民スポーツ大会に変更される可能性があるとか。

のきなみ「スポーツ」という言葉に置き換えをしようとしているようですね。

これが時代の流れというものなんでしょうか。

名称変更に困惑!なぜ?意図がわからないとの声も

私自身も少し戸惑ってしまいました。

小さなこところから慣れ親しんできた名称だけにいまさら変える意味があるのか。

https://twitter.com/ysk_ismyft2/status/857565663874789377

ポジティブな意見があまりないようです。

う~ん私自身もなんとなく違和感がありますね。「スポーツ」という言葉を使う機会のほうが多いはずなんですが。

外来語が取り入れられている「国民の休日」は今までになかったから、やっぱりどうしても不思議な感じがします。

Sponsored Link

スポーツの日になるのはいつからか?

まだいつから変わるという情報は出ていないようです。

ただ、2020年に東京オリンピックがあること、それに向けて定着を図るならば2018年からスポーツの日に変更されても不思議じゃなさそうです。

まとめ

ここまでの「体育の日」が「スポーツの日」に変更される理由について短く振り返ってみます。

・「体育の日」⇒「スポーツの日」への変更案がこの秋にも臨時国会に提出
・名称変更にはなぜ、理由がわからないとの声も多数
・早ければ2018年から名称変更の可能性も

みなさんはどう思いましたか?物事を変えるときってどうしても既存の価値観に縛られてしまいますが、今回もそうなりそうな予感がします。